ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

会社経歴

1910年9月 電気工事に従事していた電業社に水力発電用水車、一般動力用水車および各種ポンプの製造を目的として電業社水車部を新設し、東京市小石川区関口水道町に工場を建設し、製造を開始
1911年5月 株式会社芝浦製作所から大型水車製造業務を承継
1915年10月 組織を法人に改め株式会社電業社水車製造所と改称(資本金100千円)
1918年9月 東京府代々幡町幡ヶ谷に工場を新設、本社および工場を移転
1919年12月 株式会社電業社水車製造所が出資し株式会社電業社原動機製造所を設立
1920年2月 株式会社電業社原動機製造所が株式会社電業社水車製造所を吸収、合併
1955年3月 株式会社電業社原動機製造所が60,000千円の全額を出資して、当社を設立
1955年6月 株式会社電業社原動機製造所を水車部門(東京工場関係)とポンプ、送風機、ディーゼル機関等の産業機械部門(三島工場関係)とに分割し、前者を株式会社東芝が、後者の業務一切を当社が継承
1955年6月 株式会社電業社原動機製造所より、扶桑商工株式会社の株式を譲受
1957年11月 資本金120,000千円に増資
1960年12月 資本金240,000千円に増資
1961年8月 ユニオンポンプの販売を目的として、米国ユニオンポンプ社との合併会社、日本ユニオンポンプ株式会社を設立
1961年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
1962年4月 資本金360,000千円に増資
1966年12月 資本金540,000千円に増資
1969年12月 資本金810,000千円に増資
1973年11月 三島工場に大型ポンプ試験設備を増設
1979年7月 当社の製造する機械の据付工事施工を目的として、電業社工事株式会社を設立
1985年4月 当社の製造する機械の販売を目的として、扶桑商工株式会社を株式会社電業社商事と改称
1987年4月 東京都大田区蒲田に本社を移転
1989年8月 東京都大田区大森北に本社を移転
1995年11月 三島事業所に新社屋(事務技術棟)を新設
2001年6月 日本ユニオンポンプ株式会社を清算
2003年4月 本社機能(総務部・経理部)を三島事業所へ移転(会社法上の本店所在地は東京)
2003年6月 子会社(株式会社エコアドバンスと株式会社電業社オリディア)を設立
2005年9月 株式会社電業社商事を清算
2006年3月 株式会社電業社オリディアを清算
2007年4月 執行役員制度導入
2007年9月 株式の分割(1:3)を実施
2009年3月 三島事業所に高圧ポンプ・ブロワ工場を新設
2014年11月 インドに子会社(DMWインド社)を設立
2016年 6月 国内メーカーとして始めて商品化した逆浸透膜法海水淡水化施設用エネルギー回収装置(ERS)の初号機を、沖縄県の簡易水道海水淡水化プラントに納入
2017年 2月 ERSが優秀省エネルギー機器表彰 日本機械工業連合会会長賞(受賞機器名:海水淡水化設備用2シリンダー・2配圧弁式エネルギー回収装置)を受賞
ページトップへ