ホーム > CSR情報 > 労働安全衛生

環境活動

労働安全衛生方針

労働者の安全の確保は事業活動の基本であり、最優先で取り組まなければならない重要課題である。
当社は、安全の基本方針を
    『KYの実践と指差呼称の定着で安全意識の高揚』
    『目指そう「災害ゼロ」から「危険ゼロ」』
と定め活動を推進する。

  1. 危険源を除去し労働安全衛生リスクを低減することで、労働に関する負傷及び疾病を防止し、全従業員が安全で健康に働ける職場環境作りに努める。
  2. 全社及び部門ごとに労働安全衛生目標を設定すると共に、定期的に進捗状況を確認し、目標の達成に向けて取り組む。
  3. 労働安全衛生に関する法令や規制、社内規定及び他の要求事項を順守する。
  4. 労働安全衛生パフォーマンスを向上させるため、労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  5. 働く人及び働く人の代表との協議及び参加を行う。

この労働安全衛生方針は当社で働く、及び当社のために働くすべての人に周知すると共に、一般の人にも開示する。

                                        2018年9月1日

                                        株式会社 電業社機械製作所

                                        安全衛生管理統括者

                                        彦坂 典男

労働安全衛生マネジメントシステム

当社では、「PDCAサイクル」を通じて安全衛生管理を自主的・継続的に実施して、労働災害の防止と労働者の健康増進、快適な職場環境を形成し、当社の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした労働安全衛生マネジメントシステムを運用しています。


労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲

区分 適用範囲
事業活動の適用範囲 営業活動、生産活動、建設工事など当社が実施する事業活動すべて
サービスの適用範囲 製品の点検・修理など当社が実施するサービスすべて
事業所の適用範囲 三島事業所、東京本社、北海道支店、東北支店、関東支店、横浜営業所、静岡支店、名古屋支店、大阪支店、四国支店、中国支店、九州支店、沖縄営業所並びに当社が元請で施工する建設工事現場
適用範囲外:新潟事務所、徳島事務所、山口事務所、熊本事務所及び海外の拠点・支店・事務所
要員の適用範囲 従業者(正社員、契約社員、パート社員、派遣社員)及び構内請負業者
ページトップへ