ホーム > CSR情報 > コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンス委員会の業務

  1. 「電業社グループ行動指針」の主意に従い、ビジネス社会のルールの遵守について、その方針と実施要綱を策定する。
  2. 「電業社グループ行動指針」の修正・変更にあたっては、案を作成し取締役会に答申する。
  3. 「電業社グループ行動指針」を社員及び関係会社に対して教育、啓蒙する。
  4. 「電業社グループ行動指針」に基づいて作成された部門計画の推進を支援し、必要が有る場合には直接赴いての調査・指導を行なう。
  5. 情報提供の促進を図り、入手情報に迅速な対応をする。
  6. その他コンプライアンスに係る問題の審議、決定にあたる。

 コンプライアンス委員会構成図
コンプライアンス委員会構成図

委員会の開催

  1. 社長・委員長の判断により、随時開催する。
  2. 委員長の要請により、顧問弁護士、監査役が出席する場合がある。
  3. 委員会の決定は、部門から選出された部門担当員により全社員に伝達される。
  4. 教育・指導担当委員の所管により、委員会・部門担当員による全体会議を少なくとも年1回開催し、部門の実施状況報告、セミナーを行なう。

取締役会への報告

委員会は審議事項及び委員会の活動状況を定期的に取締役会に報告する。

反社会的勢力排除にかかわる宣言

反社会的勢力排除のため、当社は2010年3月に「反社会勢力排除マニュアル」を策定しました。これに基づいて取引先様と取引基本契約書や覚書を取り交わし、事業活動の中で反社会的勢力とのかかわりを一切持たないことを、社内・外に周知徹底しています。

ページトップへ